スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川山 「ビクター」・「林の中のボルダー 」
土曜は小川山へ
少し湿っぽく、先週のすがすがしさはありません。

【ビクター】は
9時ぐらいにつくと誰もいない?
もしかして貸し切りか!?と思ったら次から次へと来ました。

「コンケーブ」は、足滑らせ冷や汗
「The Two Monks」は、立ちこむ態勢に持ち込めず
「ビクター」は、飛べない

【林の中のボルダー】では
「田嶋ハング」は、体幹ボロボロでムーブにならず
「エイハブ船長」は、リップ止まるのにその後ができず、再登ならず

ボロボロの一日でした(+_+)
でも目の前でThe Two Monksの完登者がいて、登りのイメージできたのは収穫でした。
(強々クライマーで数回で登ってしまいました)


お昼頃、山荘付近でTVクルーとすれ違いました。有名人でも来てたのかな?
翌日の雨予報で、湿気が多く状態は良くなかったせいか、今日の小川山は空いていました。
エイハブに数人しかいないの初めてでした。



スポンサーサイト
小川山 「林の中のボルダー 」・「ビクター」
日曜は半年ぶりの小川山、寒さの心配をよそにとっても暖かく気持のよい一日でした。

気になっていた田嶋ハング・The Two Monksに触ってみました。
登りは散々でしたが、久しぶりに楽しめました。

  • スラブ 6級 ○
  • 穴社員 3級 ○
  • 田嶋ハング 初段 ×
  • コーンケーブ 3級 ○
  • The Two Monks 二段 ×
小川山ボルダー
IMG_1170.jpg日曜に小川山へボルダーに行ってきました。
心配された天気も15時過ぎまで持ち、太陽が出るとぽかぽか陽気でした。

先週、瑞牆で何年ぶりかのボルダー楽しみましたが、一度だけのつもりがどうやらはまってしまったようです。

久しぶりにマットを担ぎ、まずは一番近い林の中のボルダーへ
エイハブ船長の周りには人だかりです。

林の中のボルダー

「スパイヤー」
  • スラブ6級 ○
  • スラブ5級 ×
  • スラブ9級 ○
  • ライト・スパイヤー3級 ○
ライト・スパイヤーは、立ちこみができずやり残した課題だったのでうれしかったです。


「クジラ岩」
  • フィン6級 ○
  • ダイレクトフィン 3級 ×
  • 潮吹き穴 4級 ○

ここでハプニング、ダイレクトフィン3級を一度失敗し二度目のトライのとき首に何か刺され「あれって?」思ってたら、差し込むような痛み、ハチに刺されました。
そのハチつかむと想像してたハチ(黄色)ではなく黒色でした。
これってハチかな?あぶじゃないのって聞くと、絶対にハチだそうです。

IMG_1175.jpg後で調べたら、クロスズメバチでした(・・;)
気を取り直して登ろうとしたら、しばらく休んだほうがいいと注意され、以前ハチ(何ハチかは不明)に刺されたことあるので少し安静にしてました。
二度目だとアナフィラキシーショックで重症化しやすいようです(>_<)

少し休憩し 潮吹き穴4級、何だか力が入りません。
その後昼食をとり水晶スラブ下方面へ移動します。
胃がムカムカし、熱っぽく、ちょっとふらふら、これは毒が回り始めたのか??

雨月岩周辺」で登ってる間ちょっと休憩、その後水晶スラブ下ボルダーへ


水晶スラブ下ボルダー

「犬岩」IMG_1180.jpg
  • 10級 ○
  • 9級 レイバック ○
  • トラヴァース6級 ×

体調もおかしく、雲行きも怪しいので終わりにしようとしました。
でも以前やり残しの小川山タンクスが気になり、最後に登りました

「小川山タンクス」
IMG_1183.jpg
  • 小川山タンクス往復 4級 ○
ここでも宿題解決し良かったです(^.^)

IMG_1188.jpg今回まじまじと不可能スラブ見ましたが、ありえないホールドで遠い世界に感じました。


IMG_1191.jpg小川山は、来週以降キャンプ場まで乗り入れできなくなるので、城ヶ崎シーサイドまでは、瑞牆ボルダーや城ヶ崎ボルダーであそぼうかな。
Copyright © Weekend_Climber. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。