スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動沢 前絵星
日曜の天気予報、降り始めが遅そうな岩場が瑞牆周辺。
なのでまたまた行ってしまいました(^_^;)

DSC01021.jpg
雨が降ってもすぐに帰れる近場の前絵星です。
先週の摩天岩よりも気温自体は高かったのですが、どんより曇り空の岩場は寒い寒い


DSC01023.jpg
懸垂して新緑荒野 2P目のテラスへ降ります


DSC01053.jpg
左のワイドが「ジキル博士 5.9」、右のフィンガーが「ハイド氏 5.9 」


DSC01027.jpg
やっさん ジキル博士 OS


DSC01034.jpg
ハイド氏 OS 「寒くて指の感覚無くなった」


DSC01046.jpg
Oさん ジキル博士


DSC01059.jpg
2Pめ終了点から4pめテラスへ戻る

戻って食事してると風花が舞っています。気温1℃
寒くてギブアップ!そこそこに退散です。
林道へ戻るとが本降りに、撤収して正解でした。

不動沢がこんなにも楽しいエリアだとは思いもしませんでした。もっと早くから通えばよかった。100岩場ではあまりルート載ってませんが、岩と雪の付録を見せてもらったらなんとたくさんあること、まだまだ知らないエリアだらけです。

アプローチの大変さはありましたが、ルートの質は★★★だらけでした。
来シーズンは夏前から通い、ワイドマスター目指したいな
  • ジキル博士 5.9 TR
  • ハイド氏 5.9 OS
スポンサーサイト
不動沢 摩天岩
またまた行ってきました摩天岩
前回から二週間足らずの間にミズガキは冬模様、駐車場は「氷点下2℃」

装備を軽量化、服装は重量化(^_^;)
前回よりアプローチタイムは短縮しましたが、それでも1時間半でした。

DSC00989.jpg
アプローチではあちこちで「つらら」がたれてました。


DSC00992.jpg
今日のお目当ては蜃気楼3P、余裕があれば陽炎・かぜひきも登りたいなぁ。

準備してたら他のパーティが上がって来ます。
「えっ、なになに??」お互いがしばらくキョトンとしてました。
こんな時期にこんな場所で人に会うなんて考えもせずでした。

DSC00993.jpg
1Pめ
岩場には日が当たらず寒い寒い、ビレイでダウン着ててもブルブルしてました。
Topのやっさんは手の感覚が無くなりたまらずテンション、何とか終了点へ。
フォローしましたが、すぐに感覚が無くなり久しぶりにクライミングが嫌いになりました。


DSC01003.jpg
2pめ
やっさんそのままTopで、ビレイは寒くてブルブル。
見た目とは裏腹に登りづらいこと、Oさんザックがつかえて苦労してます(^_^;)
最後のスラブは。。。

「これで5.8かぁ」

2pTopのやっさんはおなか一杯になり、3pめのTop交代です(やった!ひそかに狙ってたんだ(^.^))
目の前のラインは前回電光クラック終了点から見たクラックと感じが違い、もう少し上の方まで偵察に。でも写真撮ったクラックが見当たらない??
結局違うと思ったクラックがそうでした。


DSC01006.jpg
3pめ
出だしからパワフルな登りです。日が出ているのにライン上だけ日陰で冷たく、すぐに手の感覚が無くなってしまいました。回り込んで数手踏ん張りましたが、次の手が濡れている、おまけにシンハンド、あえなくテンション OS失敗です。(T_T)
シンハンド前後はクラックが閉じていてたぶんここが核心、何度かムーブ起こしますが寒さで疲弊した体とぬれたシンハンドでは突破できずエイドで抜けます。

快適なハンドをこなすと小テラスへ、しかしワイドな部分は奥がべちょべちょのコケ苔で登る気力無くしました
(このラインは雨の通り道みたいでこの時期に乾いていないのであれば何時乾いているんだろう?)


DSC01019.jpg
懸垂で2p目まで降り、時間を見たら15時過ぎ、今日も1ルートで終わりでした。


蜃気楼もワイルドで奮闘的なルートでした。最終ピッチは乾いていれば(これが核心かも)ワイドの多い不動沢の中では比較的登りやすいクラックだと思います。

次は陽炎(2p)も登りたいな。
でも寒さ厳しいから来シーズンになりそうです。

  • 蜃気楼 3p(10c・5.8・10d)


ワイドクラック(不動沢・小川山 )
小川山

【砦岩】9/22
DSC00730.jpg
1P目 チムニー 予想外に難しい ビッグブロー使えた(^_^;)
2P目 オフウィドスもきわどかった
3p目 カムにロープがはさまりスタック、大変だったがいい経験になった


[登ったルート]
  • アーチクラック 5.10a(3P)OS

不動沢

【前絵星岩】  10/8

「アプローチ」
不動沢駐車場から渡渉、左に下り10分で岩場基部。
左から巻き、ルンゼを詰めると、新緑荒野 4P目のテラスに着く。

DSC00770.jpg
前絵星頂上からの展望

DSC00806.jpg
新緑荒野 4P目のテラス付近から望む
ジキル、ハイドはテラスから懸垂下降で取り付けるようです。

DSC00764.jpg
新緑荒野 4P目、ワイドの洗礼を受けた。 フォローするOさん

DSC00788.jpg
水平飛行、ほふく前進の始まり

DSC00795.jpg
回り込んでびっくり! 下っている(^_^;)

[登ったルート]
  • 新緑荒野 5.9(4P目のみ)フォロー
  • 水平飛行 5.8(水平部分のみ) フォロー(フォローの方が怖いよ~)

[これから登りたいルート]
  • ジキル博士 5.9
  • ハイド氏 5.9
  • 宇宙人 5.10c


【不動岩】  10/14

「アプローチ」
不動滝まで40分、木橋手前の岩が不動岩。木々の間から眺めるとオーバーハングが見える。
ここ上がるの?ってルンゼを上がる(悪いので要注意)と視界が開け牛乳瓶が見える。
取りつくにはさらに脆い1P登るか、フリーファン60号に載っていた木登り&トラバースするか。
DSC00862.jpg
牛乳瓶クラック、取りつきのテラス

DSC00813.jpg
牛乳瓶クラック、核心のトラバース

DSC00825.jpg
トラバース後、延々20m続くオフウィドス

[登ったルート]
  • 牛乳瓶クラック 5.10c OS

[これから登りたいルート]
  • 胎内くぐり
  • 未来の力 5.11a


【摩天岩】  10/21

「アプローチ」
不動滝より40分ぐらい、ししくい坂の急登を登り写真の青看板を左へ、踏跡をたどり渡渉。 岩場基部をめざし突き進む。
岩場基部に当たったら、左に岩沿いに登って行くと蜃気楼・陽炎・電光クラック、右に岩沿いに登るとかぜひき。
不動の拳は電光クラックから左に下る。

DSC00881.jpg
この看板付近を左へ進み渡渉する

DSC00882.jpg
摩天岩

DSC00884.jpg
右下から左上に伸びるラインが蜃気楼、右下の木々の隙間に見える開いたワイドが陽炎

DSC00932.jpg
蜃気楼2P

DSC00913.jpg
蜃気楼3Pのきれいなクラック

DSC00886.jpg
不動の拳 ルーフクラック

DSC00899.jpg
不動の拳 開いたワイド

DSC00907.jpg
電光クラック 、50m超えのロングルート 途中でピッチ切ることもできる

DSC00929.jpg
摩天岩上部

DSC00947.jpg
かぜひき

DSC00952.jpg
かぜひき がんばれやっさん!

[登ったルート]
  • 電光クラック 5.9 OS(50m超えのロングルート!!)


[これから登りたいルート]

  • かぜひき 5.10a
  • 蜃気楼 5.10c(3p)
  • 陽炎 5.10c(3p)
  • 不動の拳 5.12b


どの岩場もトポとネットの情報だけで行ったので、取りつきまで行くのが大変でした。
前絵星以外一人もクライマーに会いませんでした。
どの岩場もワイルドで、ルートの全貌が見えなくて冒険心たっぷりでした。アプローチは大変ですが、歩くだけの価値のある岩場ばかりです。とにかく岩がでかい!ヨセミテちっくでした。

ワイドクラックはグレードで取りつくと大変です。
5.9でも大変でした。これからしばらくワイド修行です。

Copyright © Weekend_Climber. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。