スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春うらら
まったく更新しないブログ
その間
  • 甘利山×2回
  • 越前岳
  • 金峰山
  • 富士山
  • みずがき ベルジュエール
  • 冬のいざない1P
    (2Pめにたどり着く前に雨で敗退)
  • ジャク豆×数回りピート
  • TRでのなんちゃってオーバーヒート5.11c
    (離陸できずエイドで上がり、その後あまりの指の痛さに泣く)
等々、一応登山とクライミングは続けてました。


イレブンのクラック登りたくてどのルートにするか散々迷い、
オーバーヒートはあきらめ、 以前TRで触ったことのある

「春うらら5.11b」

を目標としました。

25日(土)
韮崎までは曇り空でしたが、黒森あたりから雲行き怪しく、植樹祭Pにつくころには雨模様
いきなり出鼻くじかれ残念(それでも末端壁へ行く人あり、、、)
予定を変更し湯川へ転進

湯川は壁の状態ばっちり
ここでは「フォーサイト 5.10a/b」までしかリード経験なし。

「コークスクリュー 5.9」でアップし、「サイコキネシス 5.10c」をRPトライ。
途中危ない場面もありましたが何とかRP!
TRでもう一度登りました。

DSC00015.jpg
次に「バンパイア 5.10c」
シンハンドが続き、とても辛くて長かったのですが何とかRP!

今日はここまでにして、春うららに向けて体力温存作戦
(本当は「テレポーテーション 5.10d」も登りたかったが、ヘビがいるらしいので怖くてやめました)


26日(日)

快晴
末端壁の道のりは昨日の疲れが残り、鉛のように体が重かった。
一部染み出しがあったが、壁の状態は良好だ!

アップに「調和の幻想 1P目 5.9」
実はリード初めて、TRとの違いに戸惑う。
クラックは、TRとリードではまったくリズムが変わってしまう。
いやな汗かきながらRP

DSC00006.jpg
そしてついに「春うらら 5.11b」のリード(TRで過去に2回あり)
直前に登った人の核心のカムを観察(核心登るところ見れなかったよ)
自分で想像していたのと違う部分があり、カムが増殖していく(あー重い)

さぁ!気合い入れて壁にとりつく。
下部核心は以前より確実に登れ、チェンジングコーナー手前のレストポイントへ。
青3・緑0.75を決めてレスト、 呼吸を整えいざ核心へ!

サムロックが予想外に訊き、紫0.5を決め突入!
しかし足の位置が高すぎてジャムが外れてフォール

体力温存のため、続くレイバックこなしたらクライムダウンで回収する予定だったが、
「そんなの無理無理」
終了点までの長い旅が始まりました(息が上がった)


レストしてると日が陰り一気に寒くなった末端壁、気温は10℃以下です(冬の城ヶ崎みたい)

DSC00007.jpg
疲れもあり「核心のムーブ確認できれば」
そんな軽い気持ちで臨んだ二便目

レイバック態勢まではスムーズに行く。

「うぉーっ!!」

思わずレイバックでほえ、ハンドのきくポイントまで行き黄キャメを決め一安心
パンプする腕・足、でも後は落ち着いて登ればなが~い・なが~い10aの世界。
途中でカム取るの忘れ、ナッツで足下数mなんてのやっちゃった。
(落ちたらどうなったかと思うと身震いする)
終了点ついたときは思わずガッツポーズでした。


ビビってばかりで先に進めなかったクラックが、この2日間で一歩前進した気がしました。
クラックのイレブンクライマーになれた

  • コークスクリュー 5.9 RP
  • サイコキネシス 5.10c RP
  • バンパイア 5.10c RP
  • 調和の幻想1P目 5.9 RP
  • 春うらら 5.11b RP



スポンサーサイト
Copyright © Weekend_Climber. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。